会社設立60周年

熱研プラント工業株式会社

Interview

T.Yさん

図面で表現されたものが徐々に形になっていく。
その達成感は格別

Interview

2021年入社

T.Y

ー大学時代は羊のお世話も。「食品関係」を中心に就活

大学時代は獣医学部動物資源科学科に所属。羊や牛などの家畜に関する研究に従事していました。研究室では羊を飼っていたので、毛刈りをすることも。卒業後は動物の飼育員や食品メーカーに勤める人が多く、私自身も食品関係を中心に就職先を探しました。そこで見つけたのが熱研プラント工業でした。サニタリープラントや食品プラントを多数、手掛けていることがわかり、施工管理という仕事の具体はよく分からなかったけど、とにかく受けてみようと思いました。幸い内定をいただき、入社を決めました。

私が所属する設備技術部が担当するのは、主に小学校や中学校、市民会館やスポーツセンターなど公共施設の空調や衛生設備の工事。お客さまは熱研プラント工業の本社がある川崎市や神奈川県になります。

ー予算管理から現場代理人まで、すべて一人でできるようになりたい

入社当時は、施工管理という現場で働く人たちを動かすことが自分にできるのかと不安もありました。実際に飛び込んでみると、杞憂でしたね。1年目に初めて常駐した現場の職人さんは皆さん、親世代以上の方々。最初は挨拶から始まり、毎日、現場で過ごすうちに作業中にもコミュニケーションが取れるようになりました。そのとき一緒に現場に赴いていた先輩からは「職人さんたちと仲よくなってくれたことが一番、嬉しかったよ」と言われました。現場では何よりコミュニケーションが大事なんだと気づかされました。

2年目に赴いた小学校の現場では、現場代理人を任されました。小学校側と協力会社側の調整にかなり苦労しましたが、小学校側の代表である教頭先生や協力会社の方たちに助けられ、工事を完了できました。

最近は公共工事の案件を落札するため、積算業務を担当することが増えました。積算業務もやりがいはあるのですが、やはり図面で表されていたものが徐々に形になっていく現場での達成感は格別。もっと現場での経験を積みたいと考えています。

今年の秋に1級管工事施工管理技士(一次検定)の試験を受ける予定です。資格を取得して、予算管理から現場代理人まですべてを一人でできるようになる。それが今後の目標です。